フリーエンジニアが確定申告に向けて意識すべきこと

会社員と異なり、フリーエンジニアは自分で確定申告をして所得税などを納税する必要があります。この確定申告を行うにあたっては、ちょっとしたことに意識を向けるだけえ、節税効果がある可能性があります。

まず、クライアントから受ける報酬は、源泉徴収が行われているのか、行われていないのかをしっかりと確認しておきましょう。源泉徴収を行われている場合には、確定申告をすることで経費などを計算して還付を受け取ることが出来ますし、逆に源泉徴収されていないケースでは、確定申告をして税金を納める必要が出てきます

あらかじめ納める税金を確保しておかなければ、後で納税する現金がないというケースも出てきていしまいます。仕事をしているとどうしても事務処理が後回しになってしまい、確定申告の時期になって慌てて領収書をかき集め、経費の計算や報酬の計算をするといったことが起こることがありますが、やはり毎月決まった日などに事務処理を行う習慣をつけておくことも大切です

領収書は貰ったらすぐに帳簿付けをしてスクラップブックなどに張り付ける、発生した経費などはすぐに帳簿付けをするなど、小まめな事務処理は確定申告に向けて意識しておきたいことです。


ページトップに戻る